カードを店舗で使用する際、誰でも感じたことがあるのではと思うのですが、レジのスタッフがわかっていないことでどちらのレシートを利用者へ対して渡して良いのか迷っていることがある。というのも、クレジットカードを決済するとレジ端末からは枚の明細レシートが出されるからでして、このレシートの中のどのレシートを利用者に渡すのかわからないということがあるのです。組綴りのレシートの正体》上述のレシートについてとはどういうものなのかということについてまとめると下記の内容になります。利用者へ渡すべき利用明細。店舗控え用の利用レシート。カード会社控え用の明細(サインする明細)。通常は当然利用者の方に渡さなければいけない明細を受領するはずなのですが、時々違う使用レシートを利用者に対して間違えて渡してしまうというということや、署名された方の使用レシート自体を渡してしまったといった事例も存在します。このようなパターンはバイト店員などや、いつもクレジットカードというものが利用されるケースの少ない店にてカードを使うとこんなレジ担当者の動揺が見れるようです。従業員が上記のように紙というものを渡そうとした場合には怒りを抑えて「こちらは違いますよ」と正してあげてほしいものです。

Copyright © 2002 www.batikgarden.info All Rights Reserved.